OPTION Parts
ただでさえ快適性が格段にUPするルーフシールド。標準のルーフシールドにバイクやオーナーの用途や趣味に合わせたオプションを追加することで、さらなる至福の快適移動体にグレードアップ可能です。防御系のオプションをフル装着すれば、もうカッパを着ることや、防寒着を着る必要は無くなるほどです。スタイルを損なわず、かつ実用性を重視したデザインにこだわった効果抜群のグッズです。   (価格は税別です)

——————————————————————————–

★ Strong-Screen 強化スクリーン 安全性 向上

——————————————————————————–

初回製作時のみ選択可能 ¥7800円~ 絶対おススメ! 世界最高素材。バイク関連で使用しているのは当社のみ。

——————————————————————————–

ノーマルスクリーンはカナヅチでたたいても割れないほどの強度を持った耐衝撃現在世界トップレベルのポリカーボネイトを使用しておりますが、傷に弱い特性がある事が長年の弱点でした。そこで、この強化スクリーンは、2013年夏に開発された傷のつきづらい過去最強の特殊樹脂強化プラスチックを目線およびワイパー可動域に配置して、超クリアな視界を実現しました。またガラスに匹敵する透過率で、プラスティックの中では世界最高透明度で視界がとてもクリアです。とてもプラスチック樹脂を通してみる視界とは思えません。また曲がった部分などがひずんで視界が湾曲して見える等、他社様にありがちな見え方も全く皆無です。衝撃には従来のスクリーンのほうに軍配が上がりますので、目線以外は安全性を考慮して従来の衝撃性最強スクリーンを採用しています。基本的にボルトオンですので、数年後の交換等も比較的簡単です。   初回装着率90%のおすすめアイテムです。

★強化スクリーンは、世界最高硬度を持つ国産の素材です。スチールウールでこすっても傷がつかないほどの表面硬度を持ち、ホンダジャイロキャノピー使用のポリカーボネイト対候・対摩擦コーティングをはるかにしのぐ表面硬度です。 また透明度もガラス同等で、屈折や湾曲のないきれいな視界を確保できます。バイク業界では弊社しか使用しておりませんので、従来のバイク用スクリーンのような視界のひずみや不透明感は全くございません。また夜間も今までにないクリアな視界です。
これ以上傷に強い素材は現在ございませんので、風雪の多い地域、粉じん、海辺の砂塵、火山灰などの多い場所の使用でも最高の視界を確保できます。
一部継ぎ目がございますが、ほとんど気にならないレベルです。ボルトオンですので、万が一ワレや傷などがついたり破損しても比較的簡単に交換可能です。


★ RS ミラー (専用軽量ミラー)*安全性 向上

1500円×2=3000円(税別)

シールドの標準を装着すると、ハンドル全開時ほとんどの車種で標準のミラーがスクリーンに接触します。そこで標準のミラーを外して、軽量なミラーを両目のすぐ近くに配置することで、今まで経験したことのない後方視界を確保できます。車のバックミラーが2つある感覚です。一度経験するとこれ以上の見やすさは皆無と感じるほどです。  また軽量ですので、バイクの振動等でミラーが揺れて見ずらいことはほとんどありません。
             

SUN-visor サンバイザー ※安全性 向上

¥1900


太陽光のまぶしさを軽減します。  使わない時は頭上に格納。  早朝や夕方のまぶしい時間帯の通行にたいへん重宝します。  上記写真は開閉時のものです。

——————————————————————————–

——————————————————————————–

★LEG-Screen/LEG-Guard レッグスクリーン

——————————————————————————–

片側 ¥4000~  セット¥8000~     黒と透明を選択可能。   車種によっては必須アイテム

   

↑ ブラック+メッキモールのタイプ            ↑  透明 タイプ (モールなしのスケルトン仕様)

弊社ルーフシールドの標準を装着すると、カバーされた上部分はほぼ確実に風雨をガードしますが、ほとんどの車種で、ひざ下から、特にアメリカンタイプ、ネイキッドタイプなどはおなかより下側が風雨にさらされてしまいます。その部分をレッグスクリーンで完全ガード。足元からの風雨をガードすることで、走行時は前方からの風雨をほぼ完全にガードでき、カッパを着用していなくても、すごせるレベルに性能が向上します。 また、走行時の巻き込み風雨も、かなり軽減する効果があります。 前方が細いボディタイプのスクーター(PCXなど)にもあると、効果絶大のアイテムです。

■ 通販での選択ができない車種がございます。 ボディ下部へのボルトの埋め込みと、微妙な調整が必要なためです。

 

車種により形状が異なります。また、すり抜け等のご希望によりお客様に合わせた幅をご相談で決定します。外枠モールは基本的には透明ですが、オプションで黒に変更可能です。

ウインカー、その他の灯火類を妨げる場合は 黒のレッグシールドは装着できません。特にアメリカンタイプや ネイキッドオフロードタイプなどには、効果絶大で、逆にないと、下半身はずぶ濡れになります。

全ての車種で オプションでの選択で最初にお考えいただきたいアイテムです。 前方からの風雨はほぼ100%防御できますので、雨具は基本的に不要に。
(巻き込み風雨は防げませんので、下記 サイド、リアスクリーン  またはリアサイドガードとの組み合わせで、巻き込み風雨も防御。ほんとに雨具が不要に。
——————————————————————————–

SIDE-Screen  サイドスクリーン  (サイドガード)

——————————————————————————–

片側 ¥4000円~     両側 ¥8000~

——————————————————————————–

走行中や停車中の横サイド方向からの 風雨をガードします。
囲まれ感も高くプライベート空間をより快適に過ごせます。
ダンデム(2人乗り)の多い方には特におすすめのアイテムです。

車種により形状や大きさが異なります。 写真はブラックモール装着車です

——————————————————————————–

New-SIDE-Screen  ニューサイドスクリーン仕様

——————————————————————————–

片側 ¥5000円/6000円~     両側 ¥10000円~

——————————————————————————–

 ニューサイドスクリーンを選ぶとフロントスクリーンの形状もセットでラウンド型に変わります。後方も20cmほど拡大されます。

★ニューサイドスクリーンは横浜ラボ製作専用となります。一部通販致しますが、形が異なります。

🌟 サイドスクリーンよりも軽量でラウンド形状となるため、空気抵抗が減り、高速道路でも安定します。巻き込み風雨、横雨の防御性も拡大しています。高速走行の多い方や

—————————————————————————-
Mool    ブラックモール¥3000~ /メッキモール¥5000~  ⬆️

  ⇦ スクリーンの周りを囲む 黒い部分がブラックモールです。右上の周りが輝いているのがメッキモールです。

——————————————————————————–

現在 標準 では、ルーフシールドを囲む周りのふち屋根部分のみをメッキ調として、フロントスクリーン周りはあえてモールをつけず、クリアな視界と、スリムに見えるスタイリングをは透明の樹脂モールで囲まれておりますが、お好みで黒のモールまたは、メッキ調モールに変えることができます。機能的にほとんど差はありませんが、雨風のしぶき等が軽減されます。

 

——————————————————————————–

——————————————————————————–

Rear-Screen   リアスクリーン

——————————————————————————–

¥5800~    走行中の後方からの巻き込み風雨 静止時の後方からの風雨 を劇的にガード

——————————————————————————–

上記サイドスクリーン  またはニューサイドスクリーンバージョン時に 後方の防御としてのアイテムです。単体では下記 リアサイドガードのほうが効果は高くなります。一人乗車時、2人乗車時、または夏などは位置を変えたり、簡単にとりはずしが可能です。


 

——————————————————————————–

Rear-Side Guard リアサイドガード

——————————————————————————–

¥8200~    走行中のサイド・リアからの風雨の巻き込みを 劇的に防御できるアイテムです。

——————————————————————————–

上記のサイドスクリーンとリアスクリーンに比べ、乗り降りの邪魔にならず、簡単に移動や、取り外しができることがメリットです。効果は上記2つの組み合わせより全体的には若干落ちますが、一人の時はむしろ効果が上になります。一人が多い方にはお勧めです。
走行中の風雨の巻き込みを 劇的に防御できるアイテムです。 走行中は、前方で防いだ分の空気と風は必ず隙間を埋めようとサイドや後方から入ってきます。(空気は真空になることはありませんので、水より粘性が圧倒的に強いためです。しかしながら、雨、水は空気ほど粘性がなく比重が高いために、かき分けたときに、周りに飛び散り、空気ほど中には入ってきませんので、ルーフシールドの標準でもあまり濡れないのは、そのためです。)

一人の時はできるだけ前に配置。 二人の時は後方に 配置   後方より風を取り入れたい時は跳ね上げ。

  走行中の風雨の巻き込みを 劇的に防御できるアイテムです。 走行中の横からの巻き込みと、後方からの巻き込み風雨を手軽にガードします。冬場は劇的に寒さをガードできるアイテムです。

夏は跳ね上げや、簡単に取り外して巻き込み風をあえてキャビンに取り込むことができます。

逆にないと、巻き込み風雨は侵入してきますので、雨具の用意は必要です。


——————————————————————————–

Air-Duct エアーダクト

——————————————————————————–

¥8200~

33度以上の猛暑日などに効果を発揮。 頭部に走行風を吹き込みます。内側に着脱式フタ付
——————————————————————————–

 

 

——————————————————————————–


Plexus プレクサス  いつまでもきれいに。 表面のキズ防止保護剤         ¥3000    必須です。 大缶 約1年分

——————————————————————————–

弊社ルーフシールドは、カナヅチでたたいても割れないほどの強靭なポリカーボネイトという素材をメインに使用しています。強靭なポリカーボネイトとはいえ、表面が柔らかいため、とても傷のつきやすいという弱点があります。気を付けていても、前の車の巻き上げた粉じんや、ブレーキダストなど微粒子が道路には飛び交っています。そこで、このプレクサスをコーティングすると、微粒子をはねのけて、汚れや粉じんを寄せ付けないため、結果的に傷の防止につながります。もともと、日本よりはるかに進んだポリカーボネイト先進国アメリカで開発され、戦闘機や、レース車両、NASA等でも使われる信頼のアイテムです。弊社も様々なケミカルを試しましたが、これ以外は問題がありましたので、弊社ではこれ以外の使用はお勧めしません。  いつまでもきれいにルーフシールドを使うための必須アイテムです。

スクリーンに一度ついた傷は消すことができません。!つく前に必ず お使いください!

——————————————————————————–

★ 最近弊社価格よりも 安いものが出るようになっております。弊社でお求めいただかなくても結構ですので、必ずご入手いただけます様お願いいたします。

——————————————————————————–

 


ZERO-WIPER      お勧めの 超撥水剤です。

Zero Wiper ゼロワイパー  ほんとにワイパーいらず。雨に気がつかないほど。

——————————————————————————–

¥900 日本最安価格          視界良好でとても安全です。

——————————————————————————–

これは、今世紀最大の発明では?  担当の私もこれを使い始めて約2年。一度もワイパーを使ったことがありません。ワイパーを使わないで雨の走行ができる快感は、これまた味わった人しかわからない感動です。  ルーフシールドにもワイパーはついていますが、動かさないのが、きれいに長持ちさせる一番の秘訣です。 これをぬると、今までの撥水剤は、一体何?というくらい次元の違う視界です。まったく雨がスクリーンにつかないのですから、ぜひ皆様お試しください。

★容量が少ないことと、一度ぬると、触ったり拭いたりできないので、スクリーンの目線部分だけにコーティングされることをお勧めします。
目線部分のみにコーティングし、上手に使えば1本で半年は使えます。

—————————————————————————————————————————————————————-

ルーフシールドのお手入れに。 必須事項です。

 

こちらは、弊社では販売しておりませんが、ほとんど全国のホームセンターなどで販売されています。(1000円以内)

ルーフシールドのお手入れは、

①プレクサスで全体を月に1回以上コーティング。

②雨が降ったり汚れたと思ったら、スクリーンに水をかけて、上記プラセーヌでふき取る。

たったこれだけで、いつまでも新品同様に綺麗にお使いになれます。プラセーヌは乾くと硬くなりますので、小さなバケツにいつも水を入れて浸しておけば、すぐに絞って綺麗に拭き取れます。

 

 

 

 

——————-  その他 OPTION も 鋭意 開発 研究中です。  —————–

pagesテスト     左をクリックしてください。